【参考書紹介】TOEIC L&R TEST 超速スコアアップ特急 Part2&5を狙え

 

これはいい。書店に置いていたので買ってみた。全問解いてみたが、文法特急より少し難しめで、いいトレーニングになった。Part2とPart5に特化した問題集。著者は発音への造詣が深いようだ。キツかったので問題演習で精一杯でディクテーションや音読はしなかったが、英語力が僅かに上がった手応えは掴めた。

東大編入の再考察

東大編入に失敗し5年。今だから考える東大編入の最短ルートを考察したい。

 

英語

TOEIC:600で充分。それよりも入門英文問題精講、英作文基礎10題ドリル、ハイパートレーニング、東大の英語をしたいと今になって思う。そうすればTOEICも自然に800台に乗るはずだ。(とは限らない。世の中には東大・京大英語に相性がいいのにTOEICへの相性が悪い東大生・京大生が数多く存在する)

 

 

DUO 3.0

DUO 3.0

Amazon

 

数学

教科書、徹底研究、過去問特訓、過去問をしておけばと今でも後悔。細野確率をしてはいけない。まず終わらない。アレをできるのは天才のみ。逆に言うと、東大編入できるガチプロ天才高専生は細野確率を使いこなせるということだ。自分には無理でした。

高校数学は基礎問題精講がおすすめだ。

 

物理

小出の物理学で学び、基礎物理学演習(青)で十分。エッセンスや名問の森のコンデンサーはやっててもいいか。物理はイメージではなく、定義と厳密性。

周りに振り回された編入生活。二度と御免だ。のんびり一般入試を楽しみます。

エクストリーム・脳疲労のため、大学は諦めました。無理はよくない。

 

スケジュール(3年総体終了後を想定)

4年まで TOEIC600を取り基礎固め。英語はDUO、入門英文問題精講。数学は教科書と徹底研究。物理は物理学(小出)。

4年から本番まで

難易度の高い参考書を2周し過去問。過去問と教科書の往復が肝だ。

 

メンタルがやられたらメンクリに行きましょう。ADHDASD、鬱、双極、躁、統失、BPDなどの場合があります。週に1回は散歩をしよう。

【参考書紹介】世界史基礎問題精講

これはいい。一問一答をしてから使おう。MARCHや日東駒専あたりを狙える(らしい)。早慶や国立の場合は世界史標準問題精講を使おう。基礎問題精講の難易度は低い。

 

 

単極性躁病の謎に迫る。

30万人に1人しかいないと自分が勝手に思っている単極性躁病(Unipolar Mania:UM)。(欧米では)双極性障害(Bipolar Disorder:BD)Ⅰ型は1%、Ⅱ型は3%と、比較的ポピュラー。(日本では0.7%という調査結果もあるが、やはりⅡ型の方が多い。)

今回は双極Ⅰ・Ⅱ型障害と単極性躁病について考察していきたい。

 

単極性躁病の症状、デメリットとメリット

双極Ⅰ型障害の躁状態のみ続き、鬱が全くないか、ごく軽度。オランザピンやアリピプラゾールやリスペリドンやリーマスなどが治療薬として使われるようだ。自分の場合オランザピンとリーマスだけでどうにかなり副作用も体重増加くらいで、極めて易治性で、寛解した。(再発防止で服薬の必要はある)自分の場合アリピプラゾールでは躁を誘発した。

デメリットは周りの人に迷惑をかけることだ。どうも、すみませんでした。メリットはクリエイティブになることだ。

単極性躁病は再発のリスクが極めて高い。そのため、気分安定薬抗精神病薬をきちんと飲むことが大切だ。躁状態では取り返しのつかないことになるため、リーマスとオランザピンは自分にとって大事だ。

 

双極性障害鬱状態はとても辛いようだ。休んでいいんですよ。休むことが仕事です。なお、自分は鬱の回数が極端に短いかそもそもなく、躁がメインだった。鬱状態で散歩や買い物や旅行に行ったり、鬱状態でTOEIC775を取るのは鬱ではない。それはそれでいいか。まさか鬱の真逆の躁になるとは思わなかった。

 

単極性躁病にも統合失調症同様、急性期、消耗期、回復期があると自分が勝手に考えている。鬱状態が無いもしくは僅かということを考慮すれば単極性躁病は双極性障害I型よりかは統合失調症に近いのかもしれない、と自分は勝手に考えている。

また、単極性躁病という言葉は最近はあまり使わないようだ。単極性躁病も書類上は双極性障害として扱われる。現代の精神医学では、1度でも躁状態があれば、鬱状態の有無に関わらず双極性障害(Ⅰ型)の診断が下りる。だが単極性躁病の概念は残されている。

単極性躁病の一番の特異点は、単極性鬱病双極性障害I型・Ⅱ型といった他の気分障害と比べてあまりにも患者が少ないことだ。それ故、臨床研究の対象に殆どなっておらず、診断の上では双極性障害Ⅰ型と同一視されている。鬱の有無は大した問題ではない。そのため実質的に、双極性障害I型と単極性躁病は同じ意味を持ち、より汎用性の高い双極性障害I型という言葉を最近はよく使う。しかし、個人的には単極性躁病という言葉も重要だと考えています。

単極性か双極性かに関わらず、躁を治療しようとする姿勢が大切だ。

自分の場合、躁状態になったのにその後に鬱状態が来ないという奇妙な現象が何回もあった。謎は深まる。試しにオランザピンを抜いたら1ヶ月後に躁になった。オランザピンは大事だ。

単極性躁病は、うつ病双極性障害(Ⅰ型・Ⅱ型)などと異なり辛い症状が無いため、自分はこの病気をネタとして捉えています。躁を治療すれば問題ない。

双極性障害はⅡ型が多く、Ⅰ型が少なく、単極性躁病はさらに少ないように、躁状態が激しく、鬱状態が穏やかになるにつれて患者数は減っていきます。また、単極性うつ病は男性より女性の方が2倍多いですが、逆に単極性躁病は男性の方が多いです。

単極性躁病については英語版Wikipedia が詳しいです。僕もよく見ています。日本語では単極性躁病の情報はほぼありません。

 

自分の現状について

単極性躁病は寛解しましたが、睡眠障害強迫性障害と戦っています。休養中なのをいいことに英語ばかりやっています。社会復帰の道は遠い。それにしても全然鬱にならなくて丘people!?

 

 

単極性躁病と双極Ⅰ・Ⅱ型障害の原因の解明に期待だ。(おそらく、遺伝子と環境の問題です。)

 

 

【参考書紹介】マドンナ古文単語230

病棟医もおすすめの1冊。しっかり解説を読み、単語カードでテストだ。

【参考書紹介】新応用数学

 

新 応用数学

新 応用数学

  • 大日本図書

 

非常にわかりやすい。ブロムウイッチ積分など、難しい部分は省略されているのが良い。ベクトル解析をすると電磁気学マクスウェル方程式が理解でき、微分形をストークスの定理ガウスの発散定理から積分形に直せる。複素関数をすると留数定理で難しい定積分を複素積分で求められる。問題集もある。こちらにブロムウィッチ積分が載っていた。