エクストリーム・ツーリング 室戸岬編

室戸岬に行ってきました。実態は酷道193号、酷道493号のツーリングです。

f:id:oowkrty223:20240616224010j:image

高松から出発して酷道193号を通り倉羅峠、上の雲早トンネル、霧越峠を通って下の阿波海南駅付近に抜けて行きました。霧越峠は落石が酷いので注意しましょう。ガードレールがない区間も多いです。

f:id:oowkrty223:20240616224020j:image

その後酷道493号を通って奈半利に抜けました。酷道493号は走りやすかったです。

室戸岬に行き、海を鑑賞しました。

f:id:oowkrty223:20240616224023j:image

中岡慎太郎像もありました。

f:id:oowkrty223:20240616224026j:image

酷道193号線(R192以南)はかなりの酷道でした。雲早トンネルや霧越峠付近が難所なので、注意して走りましょう。

基本情報技術者試験に合格しました。

基本情報技術者試験に合格しました。このブログは参考書紹介ブログでもあるので、使った参考書、勉強法とスケジュールなどを紹介します。

 

 

使った参考書

教科書

これの令和2年度版を使いました。説明の後に過去問が載っていて使いやすかったです。メジャーな本ではかやのき先生の本などでもいいと思います。最新シラバスに対応している方が良いらしいです。しかし、最新シラバスに対応していない、令和2年度分の教科書でも合格できました。この本は5周しました。

 

科目B対策

この本を使いました。この本で合格できました。いろいろ載っています。「出るとこだけ」の方でも問題ないと思います。過去問が全然解けなかったため、この本を挟んで過去問に取り組んだところ、スムーズに接続できました。まあ、教科書も科目B対策も、どの本でもいいと思います。この本は4周しました。

 

過去問

この本を使いました。8周しましたが、やり過ぎました、3~5周でいいと思います。過去問もどれでもいいと思います。この本は適度な負荷で、また科目B対策をしたらいい感じに取り組めました。

 

過去問道場

www.fe-siken.com

定番の過去問道場。基本的には免除試験も含め9回分くらいを3周しました。最新年度をカバーすると良いようです。科目A対策に効果抜群です。

 

勉強法とスケジュール

半年程度を費やしました。技術英検1級やドイツ語や英検1級の勉強と並行していたため、細く長く行いました。勉強法は基本的に繰り返しで問題ありません。

9月~12月

教科書でインプット。1日30分。5周。

12月~2月

過去問の科目Bに挫折。科目B対策の参考書を取り組む。4周。

並行して過去問の科目A問題にも取り組む。5周。合わせて1日1時間。

2月~4月

過去問の科目B問題に取り組む。スムーズに移行できた。8周。

過去問道場を並行して9回分程度を3周。

本番前は過去問を全体通しで仕上げ。

本番

 

感想

難しかった。とはいえ、なんとか合格できてよかったです。情報系ではありませんので、英語学習の勉強法をベースに勉強しました。情報系ではなくても合格できますので、よければ皆さんもチャレンジしてみてください。

 

 

英検準1級に合格しました。

英検準1級二次試験に合格しましたので、使った参考書などをまとめたいと思います。

f:id:oowkrty223:20230711135216p:image
f:id:oowkrty223:20230718224037j:image

f:id:oowkrty223:20230711135430p:image

(英会話の経験がゼロなため、アティチュード1点は仕方がない。聞き返し、言い直しもあったが、何とか合格して良かった。)

 

・使った参考書

過去問

 

 

 

1次試験では学研の参考書を使いました。(時間が無く、2回分しかできなかった。)学研の過去問は解説が分かりやすく、英作文の模範解答も肯定・否定の両方から書かれており参考になるが、二次試験の解答例が弱い。Q&Aは接続詞なども使って3文以上話さないと満点はもらえない。ということで二次試験対策は旺文社の方を使いました。

単語帳(TOEFL3800)

 

かなり前にTOEFL3800をしたくらいで、特別に対策はしませんでした。1年前の1次試験当日はJT出版の単語帳を持っていきました。TOEFL3800はいい単語帳ですので、余裕があれば皆さんも使ってみてください。なお、TOEFL3800に熟語は載っていないので、パス単や単語帳EXなどで補いましょう。

(文法)

 

直接は関わってきませんが、文法は大事なのでかなり前に5周しました。この本は良いので、皆さんもやってみてください。

英作文対策

 

 

この2冊を少しだけ使いました。上の本は模範解答が充実しています。下の本は大学受験用の参考書ですが、英検準1級にも参考になりました。

面接対策

 

この本を使いました。二次試験対策にはこの本に重点を置き、10周くらいしました。植田先生の大特訓の方でもいいと思います。

 

瞬間英作文

 

 

 

面接対策に取り入れました。スピーキングに効きます。半年以上取り組み、少しだけスピーキング力が上がりました。大体10周しました。英語の道は遠い。英検は終わりましたが瞬間英作文はもう少し継続する予定です。

 

睡眠薬について

単極性躁病になったことをいいことに、様々な睡眠薬を試しましたので、紹介したいと思います。8種類試しました。最終的にデエビゴ5mgとロゼレム8mgに落ち着きました。

 

ベルソムラ

オレキシン系の睡眠薬。効き目は弱いが、ベンゾジアゼピン睡眠薬に見られる依存や耐性といった危険性が極めて低い。

デエビゴ

オレキシン系の睡眠薬。ベルソムラよりかはまあまあ効く。こちらも安全。

ロゼレム(ラメルテオン)

メラトニン系の睡眠薬。生活リズムを整える。こちらも安全。

 

ベンゾジアゼピン系超短時間型睡眠薬

これらにはどれも苦味の副作用がある。ベンゾジアゼピン系と比べて安全。

ゾルピデム(マイスリー)

一般の睡眠障害によく処方される。が、あまり効き目を感じなかった。双極性障害統合失調症に伴う不眠には有効ではない。寝つきの改善に用いられる。

ゾピクロン(アモバン)/エスゾピクロン(ルネスタ)

こちらも超短時間型で寝つきの改善に用いられる。エスゾピクロンはゾピクロンの光学異性体(S体)を取り出したらしい。

 

ベンゾジアゼピン睡眠薬

依存と耐性の問題がある。バルビツール酸系睡眠薬よりかはマシだが、主に入院時に限って用いられることが理想。一般のクリニックでは処方に慎重らしい。

ニトラゼパム

中間型の睡眠薬。そこそこの作用時間があるらしいが、個人的にはテエビゴの方が良かった。あまり効き目を感じなかった。

フルニトラゼパム

こちらも中間型。調べたらわかると思うが、ベンゾジアゼピン系ということもあり問題の多い睡眠薬。それゆえ中身が青く着色されている。(半分に切るとわかる)最強の睡眠薬らしいが、個人的にはいい印象がなく、デエビゴの方が効く、と感じた。ベンゾ系に依存するのはやめよう。

 

睡眠薬の効き目について

人それぞれです。自分のようにベンゾジアゼピン系よりデエビゴの方が効く人もいます。試行錯誤です。

 

睡眠障害について

オランザピンとデエビゴが効き過ぎて過眠症になっています。単極性躁病の治療を優先するのは仕方ない。

 

ベンゾジアゼピン系に注意して睡眠薬を使いましょう。

【参考書紹介】本当に英語の力をつけたい人のための TOEICテストの基本英文法

 

これはいい。現在のTOEICの出題傾向からは若干ずれがあるものの(古い本なので仕方ない)英文法の230問問題集として使用できる。著者がTOEICを研究する前に執筆したのか真偽のほどはよくわからないが、どちらかというと大学受験英語のテイストを感じた。

実際に使ってみたが、前半の講義パートはロイヤル英文法の方が分かりやすかったため省略、後半の問題集にのんびりと取り組んだ。

新たにTOEICの問題集を買うならば最新のものを買うといいだろう。自分がこの本を使った目的は英語力アップだ。どちらかというとTOEIC寄りというかは英語寄りの参考書、だと感じた。TOEIC力を上げる本というよりも英語の文法力を上げる本だと感じた。

【参考書紹介】技術系英文ライティング教本

 

 

これはいい。技術英語のテクニック、英文法、技術文書の書き方が学べる。ライティング練習問題がある。和文英訳の練習になり、技術英検1級の受験を考えている筆者は全体を4セグメントに分割して5周した。結構難しかったが、面白かった。後半になるにつれて、特に4章のライティング練習問題の難易度が急激に高くなっていた。ソシャゲのインフレを彷彿とさせる。個人的には2章と3章の英文法のページが面白いと感じた。